海外旅行は大体どこの国に行っても、ガイドがいればどうにかなる場合がほとんどです。

道案内はガイドにお任せしておけばなんとかなるでしょうし、マネーチェンジする場所や宿泊先にだってきちんと連れて行ってくれます。

食事だって、その国で美味しい食べ物、人気のあるお店だって教えてくれたりもします。

もっと言えば、ガイドがいなくても観光で有名なレストランとかに行けば日本語ができるスタッフがいたりしますから、注文がスムーズにできますし、支払いだって簡単ですよね。

でも、それって結局、日本語ありきの話であって海外旅行先では国にもよりますが、日本語ができる人がいなければ言葉が通じなくてストレスを感じることになります。

ガイドだって日本語ができるから案内ができているわけですからね。

もし、英語ができるという方だったら、なんとかなる場合の方が多いと思いますが、僕を含めて日本人は基本的に英語ができない人種だということです。

情けない話ですが、僕は何度も海外に行っているのに、まだ英語を話すことができません。
簡単な単語、多少の会話くらいならなんとかなりますが、ネイティブになると、ほど遠いのが現実、、、。

ずいぶん回りくどい書き方をしましたけど、海外旅行での言葉の壁というのは少なからず存在するということを言いたかったんです。

でも、言葉の壁、言葉が通じないことでストレスを感じる人って基本的に海外旅行を楽しめない、もしくは本当に楽しめてないタイプの人だと僕は思います。

誤解しないでほしいのが、言葉が通じないことでストレスを感じない人間はいないけど、最終的にストレスを感じなければ、海外旅行を楽しめているということです。

例えば、ガイドなしの状態で海外旅行先でショッピングをするとします。

店員さんに、とりあえずハローと話しかけても、

はっ?みたいなリアクションをされたとしますよね。

英語も通じないっぽいから、今度はこんにちはって言っても、返事は無し、、、。

英語のアクセントが悪いのかもしれませんし、そもそも英語も知らない可能性だってあります。

日本語は絶対に分からないはずですよね。

これでは、買い物ができる可能性は低いですし、何よりボッタクられることにもなりかねません。

ここまでのくだりで、ストレスは感じない日本人なんかいませんよね。

重要なのは、たとえその場所での買い物は諦めたとしても、次の買い物をできるかできないかなんです。

要するに切り替えができるか、できないかで海外旅行を楽しめるか楽しめないかが分かれます。

まとめると、海外旅行では言葉の壁は少なからずありますが、細かいことを気にしては本当に楽しむことなんてできませんし、何より気にするのなら、その国の言葉を覚えた方が良いということです。

補足ですが、冷静に考えたらガイドブック(持ってたら)やスマホ(見れる状況なら)を見れば、その国の買い物方法が記載されてあるはずですから、買い物くらいはできますよ(笑)